【研修のご案内】ノーリフティングケア人材育成セミナー

ノーリフティングケアは、働き方を変えて、職員と利用者双方にとって安全なケア現場にするための手法です。
そのため、ノーリフティングケアを活用して働き方を変えていくためには、単にリフトを導入する、使い方を覚える、困っている人にだけ使うということではなく、“組織体制を整えること=マネジメント”が重要であり、マネジメントを進めるための人材が必要です。
ナチュラルハートフルケアネットワークでは、組織体制を整えるために必要な人材の育成をお手伝いするセミナーを実施しています。

■ノーリフティングケア推進チームの役割と人材育成セミナー

データダウンロードアイコン平成30年度ノーリフティングケア人材育成セミナー【参加申込書付】.zip
※ダウンロードはクリックしていただくだけです。 ※詳細は下記の各セミナーコースからご覧ください。


ノーリフティングマネジメントコース(2日間)
【対象】
・トップ管理者 ・ノーリフティング推進総括マネージャー

【内容】
目的とする状態を把握し、何をどのように取り組むのか、ノーリフティングケアを実践するために必要な PDCAサイクルを動かす準備を行います。
普及から定着・継続のための4つの柱の評価と対策、取り組 みなど進め方と具体的な手法を習得していただきます。
これから取り組むところ、何をどうすればいいのか、誰にどの研修を受けさせれば良いのかを悩んでいるところはぜひこれをまず受けてみてください。


日本ノーリフト協会ケアコーディネーター養成講座 ・ベーシックコース(3日間) ・アドバンスコース(4日間)
【対象】
・日本ノーリフト協会養成ケアコーディネーター

【内容】
ノーリフトの必要性を理解し、ベッド周囲での腰痛予防からケアの質をグループワークや体験を通し考え現場での導入のイメージをつけることを目的としています。


ノーリフティング職員健康管理コース(1日間)
【対象】
職員健康管理担当者

【内容】
健康管理のためにどのような調査や面談を実施するのか、また、問題をどのように解決するのかといった対応策を学びます。


ノーリフティング基本技術ケアセミナー基本技術コース 指導者養成コース(2日間)
【対象】
・技術教育担当者

【内容】
《基本技術コース》
①「不良姿勢と正しい身体の使い方」「ベッドでの上下移動」「寝返り~起き上がり」「立ち上がり」スライ ディングシートやグローブを使用
②「移乗」トランスファーボード・スタンディングリフト・リフトを使用
《基本技術指導者養成コース》
①・②の基本技術の指導方法を習得。伝え方や、確認ポイントを学びます。


ノーリフティングアセスメント・プランニングコース(2日間)
【対象】
・個人プランニング担当者

【内容】
対象者の心身の状態のアセスメントから、プランニングを学びます。
それぞれの用具の使用方法と使 用効果を知りどのような状態の方に、どの用具をどのように使用するのかを考えます。


ノーリフティング環境調整リスク把握・福祉用具メンテナンス管理コース(1日間)
【対象】
・環境整備担当者

【内容】
リスク把握の方法と、それを元に、対策としての工夫・改修・福祉用具の導入を検討することを学びます。
また安全に福祉用具を使用するために、管理メインテナンスも学びます。


高知県では、職員や利用者の健康を守るためにノーリフティングケアの実践を推奨しています。平成28年に「持ち上げない!抱え上げない!引きずらない!ノーリフティングケア宣言」をしています。
一社)ナチュラルハートフルケアネットワークでは、その趣旨に賛同し、県内にノーリフティングケアを普及させるための人材育成研修を行っています。人にやさしい双方の健康を守ることのできるノーリフティングケアを導入・定着させるためには、組織体制を整え働き方を変えることが必要です。ぜひ研修をご活用ください。
セミナーお申込は別紙、参加申込書に記載の上、faxかメールをご利用ください。